清楚で凛とした美人秘書を襲った悪夢。今回の標的は某一流企業の社長秘書。気が付くと身動きできないよう拘束され、獣たちに取り囲まれている。獲物をいたぶるようにスーツを切り刻んでいく。どんなに泣こうが叫ぼうが誰も助けに来ることはない。ボロボロになる麻里亜。恐怖と羞恥に耐えながらも必死に抵抗するのだが…。 【異常監禁 小野麻里亜】の続きを読む