「誰も聞いていない授業をするのは虚しい…」と呟いく高身長、才色兼備の愛莉先生。生徒から淫乱のレッテルを貼られ蔑まされ続けていたある日、学園の理事長から呼び出され弱みを鷲掴みにされ都合のいい性奴隷として扱われ始めた…。転落していく自己を見つめ女教師としての新しいイキ方を模索する。 【女教師レイプ地獄 宮崎愛莉】の続きを読む