夫の四十九日を終えたある日、夫に多額の借金があるとその保証人から知らされた明歩。家を追われた明歩は亡夫の実家に身を寄せる事になった。しかしそう簡単には傷ついた心を癒せるはずもなく、そこに付け入る夫の友人、霊媒師、そして義父らの醜悪な欲望の群れに、ただただ翻弄されてゆくのであった。 【未亡人奴隷 吉沢明歩】の続きを読む